知識の引き出し

獲得した知識は、使えるように引き出しに整理してしまっておこう。

CentOS で キーボード配列が日本語106じゃない場合の対処方法

VMware Player にインストールしている CentOS 5.5 を触っていたら、
なぜかパイプ(|)が打てない。

?と思いながらもうしばらくすると、アスタリスク(*)も打てない。

これはまさか・・・

そう、キーボード設定が日本語じゃなくてUS配列になっているのである。

どーすりゃいいんだ〜〜っ!

と、ググったらなんとまぁドンピシャなblog記事がありました。
CentOSでキーボード設定が日本語じゃないときの対処法: m6 BLOG

1. /etc/sysconfig/keyboard
 KEYTABLE="jp106"  # USになってたら訂正

2. /etc/X11/xorg.conf
 Option "XkbModel" "jp106"  # pc105とかになってたら訂正
 Option "XkbLayout" "jp"   # usになってたら訂正


俺は両方とも該当していました。

ともにviで編集。

・・・ちなみにコロン(:)も配列変わってるので保存できない!と1分悩むw

最終的にはWikipediaにも助けてもらいましてw

プラス(+)入力をしたら無事にコロン出てきました。


なお、変更しても即時反映ということはなく、
(キーボードのデーモン?ってあるんでしょうか?)
OS再起動後にめでたく治りました。


ちゃんちゃん♪